昔読んだ小説

かつて、若い頃に(おもに10~20代)読んだ本をまた読み返すと、昔と今とでは、受ける印象がずいぶん違うと感じませんか?
a0135840_11261045.jpg

柴田 翔や伊藤 整など、「読んでます=インテリ(爆)」を装ってた高校時代。

ホントはサラッと流して読んでたんだよね。あの頃・・・(内容についていけなかった感もアリで)

だけど、だから、今読むと 熱い 。 痛い。そして冷めてもいる(笑)

新潮文庫の帯に「もしも今の憂世に飽きたなら  いつでも近代日本の雑踏へ  戦国の世へ  太平の江戸へ   本を開けばそこにいます。 ~略~  あなたの一行に出会おう」
と書いてありました。

そうそう、だから人は本を読むんですよね。フィクションだからこそ、なんだろうなぁ(現実逃避?)

今私は1300年前の唐にいます。遣唐使として海を渡った若い僧侶とともに。
a0135840_11304736.jpg

老眼が進んで、読めなくなる前にもう一度読み返しておきたい本はないですか?

ランキングに参加しています。バナーをクリック、おねがいします。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by ラベンダー at 2014-01-23 10:21 x
酸いも甘いもわかってきたこの年代になると
作品の深い意味も読みとれるようになるってことかな(*^-^)
若い時はバッグに本を忍ばせて、
電車の中でも寸暇を惜しんで読んだりしたけど
今はみんなスマホをいじってるよね~(ゲームに夢中の若者の多いこと!!)
そういう私も活字離れが著しいんだぁ~(^^;)
honeyちゃんを尊敬!
(でも、その代わり「耳」を鍛えようと、ちょっと努力はしてるよ^^)

「天平の甍」教科書思い出す~~(笑)

Commented by honey at 2014-01-23 13:49 x
ラベちゃん
高校生のおこちゃま時代に「死」だの、「秘めた恋」だの理解しろと云うのがどだい無理なのかも(^▽^;)
今になってやっと「何となく判る」って程度よー
学生時代、読み漁ったのは一番判りやすい「推理小説」。
これは昔も今も変わらずに好きだぁ~(笑)

ipadで読んだりもするけど、アナログ世代にはやっぱり本だなぁ。
古本の匂いも好き!
老眼が進む前にもっと読んでおかなきゃ!
(「耳」を鍛える??外国語のお勉強のことね~?)

井上靖さんのものは古代史に基づいたものが多いので、悠久のロマンを感じながら読みふけってます~
Commented by たんぽぽ at 2014-01-26 13:12 x
若い頃、読んでいた本を、今読んで見ると
また、違った気持ちに受け取れて面白いですね〜
若い頃のじゃなくても、去年読んだのでも
二回目読むと、見落としてた所が見えて
ああ、なるほど。って感動する時もあるね。
最近、読んでも頭に入らなくて、
なんでアホやわぁ、、と思いつつ、
本を変えて、興味深いのを読むようにしています。
1300年前の唐にいるんだぁ(*^^*)
素敵だね(*^^*)
Commented by honey at 2014-01-27 10:20 x
たんぽぽちゃん
年末に本棚を整理して、「取っておきたい本」を残し、大量処分(涙;)
今読んでおかないと、もう一生読まないかな・・・と奮起して、読み始めました。
人生を重ねて(よく言えば、ですけど)、受ける印象ってずいぶん違ってくるものですね。
中身の濃いものほど読み重ねると、より理解が深まるんだね。

歴史小説、現実逃避にはもってこいですよ(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by woodypalette | 2014-01-22 11:34 | 日記・つぶやき | Comments(4)