2017年 09月 06日 ( 1 )

ご心配おかけしています

旧友の急逝から一週間、皆様からの温かいお言葉がけ、本当に痛み入りました。

いつもいつも心に寄り添っていただき、ありがとうございます。




一緒に今の仕事を立ち上げ、共に励まし合ってきた主人にとってのIさんは

妻である私よりも信頼のおける人だったと思います。

なので主人の辛い気持ちを思うと心が痛いです。

まだご健在のご両親や奥様、お子様たちを残して逝ってしまった彼が一番無念だったと思いますが。。。

  


「別れ惜しんで泣くだけじゃなく   いつか自分だって変わらず死んでいくことも

 忘れんじゃないよと    人が生きるために与えられた時間は

 きっと必要な時間の半分も渡されちゃいないんだ

 また逢える事を信じて生きる事をつらぬいて   終わった先に何があるかなんて分らないが

 志半ばで去って逝った仲間たちが    今も心で生き続けているんだ

 そして・・・そうさ俺もいつか君のこころへ (UVERworld いつか必ず死ぬことを忘れるな)より」

ふと聞いたTAKUYA∞の歌詞が妙に頭から離れません。

自分たちに課せられたこれからの生き方、生きざまは真摯で謙虚でなければならないと強く思います。
a0135840_10384813.jpg
私達夫婦、もう少し通常に戻るには時間がかかりますがどうかご勘弁ください。

[PR]
by woodypalette | 2017-09-06 10:41 | 日々の暮らし | Comments(0)