自分の事

先週、南阿蘇に住む知り合いを訪ねました。

お見舞いを兼ねて。。。

あんなに強い地震で、大きなダメージを受けているはずなのに

南郷谷から望む阿蘇山は優しくおおらかで、神々しく
a0135840_8562024.jpg

この風景はいつもと変わらず、私の心を癒してくれました。




見舞った友人の話は、私達が襲われた地震の恐怖よりずっと壮絶なものでしたが、「起こったものは仕方がない。これからどう生きるか」という括りで終えました。

お見舞いに行ったはずが逆に背中を押された気持ちに。。。




地震で受けた被害も、そして心の傷も痛みも「人それぞれ」。
a0135840_9175783.jpg

踏み出す一歩もみんな一緒じゃないから、がむしゃらに「頑張る」必要は無いと感じています。

ひたすら「揺れ」の恐怖と戦い続け、2か月経ち、ようやく私も筆を取り始めました。

7月から自宅教室も再開することにしました。

焦ることは無いので、皆さんにお出しした手紙の返事はゆっくりで結構ですよ。

前にも書きましたが、「お返しできるのはトールしかない」ので、これからもゆっくりペースでやって行きます。


「人生の8割はマイナスな事だけど、残りの2割のプラス事を大切にしよう」という誰かの言葉を思い出しました。

これまでの自分を思い返しても、その通りだと思えますものね。

残りの2割。ちゃんと捕まえられますように。。。


ランキングに参加中です。バナーをクリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村
[PR]
Commented by ラベンダー at 2016-06-20 19:06 x
あんなに大きな被害があったけど、熊本の大地はゆっくりと、確実に、回復していってるんだね。
偉大なる自然の力は、私たちが生きている間のちっぽけな
年数だけじゃない、そんな気がします。
トールでお返し。
目が見えて、筆を持てる間、ずっと頑張って!(#^.^#)
お母さまがそうされていたように・・(*^^*)
そしていつかwoodに描くのに飽きたら、絵手紙でも送っておくれ~♪
Commented by woodypalette at 2016-06-21 08:33
ラベちゃん
徐々に復興に向かって行っていたと思ったけど・・・
昨夜からの大雨でまた多くの人が避難することに。。。
なぜ熊本ばかり!ってつい思ってしまうよ(涙;)
自然は時に優しく、時には怖い存在だと改めて感じた。

トールでお返しって、そんなに大きな力は無いんだけどね(・・*)ゞ
でもこんな時だからこそ無心になれるものが欲しいという人が多いんだよ。
少しでもお手伝いできれば、って思ってる。
そうだね、母のように亡くなるまで誰かのために描き続けていけたらいいなぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by woodypalette | 2016-06-15 09:40 | 熊本復興 | Comments(2)